SEO対策 tool

視力回復

視力回復 子供の近視による視力低下を防ぎ視力アップさせるための情報サイト 小牧・春日井・犬山・岩倉・北名古屋・大口・扶桑
視力回復の方法
視力回復ホーム視力回復の条件おすすめ商品Q&A体験者の声

HP運営者



無料レポート
無料レポートのダウンロードはこちらから↓↓
『愛するわが子を近視から守る5つの方法』


無料メールマガジン
『視力回復のプロが教える視力アップ成功術』
無料購読
登録フォーム


お子さんの目はなぜ悪くなってしまったのか?

視力低下の原因
(ゲームについて)


目に関する常識のウソ その1

目に関する常識のウソ その2

目に関する常識のウソ その3

目に関する常識のウソ その4

目に関する常識のウソ その5

眼が悪くなってしまったら
(眼鏡編)


眼が悪くなってしまったら
(コンタクトレンズ編)

目に関する常識のウソ その4


        「遠くの緑や星を見ると目がよくなる」
  
                                          という常識のウソ。

これも昔からよく言われていることなので本当だと思っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

長時間テレビや本を読んでいると目が悪くなるので、時々目を休めることが重要だと知られてきました。

その際、遠くの山や星などを見ると目がよくなるといわれますが、すべての人に当てはまるのではなく、遠くの山がはっきりと見え、星がよく見えている目のいい人にとってのみ当てはまる常識なのです。

すなわち、視力0.3以下の人は遠くの山を見てもぼやけて見えるだけですし、ましてや星は月ほどの大きなものは別として、ほとんど見えません。
裸眼ではっきり見えないものを見ていても、目をつぶっているのと変わらない状態なので、あまり意味のないことになってしまうのです。

ですから、目の悪い人にとって有効な休憩とは、近くを見続けたために緊張状態にあった目の筋肉の緊張を解いてやることです。

そのためには裸眼ではっきり見える範囲内で、できるだけ遠くを見る事がもっとも効果のある休憩になるのです。

また眼鏡やコンタクトをつけたまま遠くを見ても、目の筋肉は動かないためやはりあまり意味はありません。

従って正しい常識は

「裸眼で見える範囲内で近くと遠くを交互に見ると目がよくなる。」

と言うことだと覚えておいてください。


本当に視力が回復する方法はこちらから⇒子供でもできる本物の視力回復方法

c 2004, アイ・トレーニング視快研小牧 All Rights Reserved.

運良くこのサイトをご覧になったあなたへ

知らなかったら一生後悔!!

★あなたが近視になったホントの理由 ★

あなたが近視になった本当の理由をお教えいたします。

「このことを知らなかったがゆえにあなたが近視になってしまった」
といっても過言ではないでしょう。

知らなかったらホント一生の後悔ものです。

是非こちらからダウンロードを

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

>> コチラで配布中です <<

こんな貴重な情報を、この期間中だけ無料でプレゼントいたします。

※なお、この無料レポートを取得された方には、さらに日々の業務をしながら気づいた 視力回復に関するお勧め情報を無料で提供するメルマガ「プロが教える視力アップ成功術」を配信させて頂きます。 (不必要な場合はすぐに解除できます)
 
閉じる