エステ

視力回復

視力回復 子供の近視による視力低下を防ぎ視力アップさせるための情報サイト 小牧・春日井・犬山・岩倉・師勝
視力回復の方法
視力回復ホーム視力回復の条件おすすめ商品Q&A体験者の声

HP運営者



無料レポート
無料レポートのダウンロードはこちらから↓↓
『愛するわが子を近視から守る5つの方法』


無料メールマガジン
『視力回復のプロが教える視力アップ成功術』
無料購読
登録フォーム


お子さんの目はなぜ悪くなってしまったのか?

視力低下の原因
(ゲームについて)


目に関する常識のウソ その1

目に関する常識のウソ その2

目に関する常識のウソ その3

目に関する常識のウソ その4

目に関する常識のウソ その5

眼が悪くなってしまったら
(メガネ編)


眼が悪くなってしまったら
(コンタクトレンズ編)

目に関する常識のウソ その5


       「目を酷使すると眼が悪くなる」
  
                           という常識のウソ。

 「エー!!ウソでしょー。PCやゲームのやりすぎでみんな眼が悪くなってんジャン」って

 聞こえてきそうですが、この錯覚をよく理解しておかなければ、せっかく回復した視力をまた再低下させてしまうかもしれません。

視力低下の第一の原因は長時間同じところを見続ける事によってピントフリーズしてしまうところから始まります。

それは目のピント調節の筋肉を長時間固定してしまうために起こるのです。

目は自動焦点カメラのように視線を動かせば、無意識に対象物にピントが合うようにピント調節の筋肉を動かします。

逆に長時間同じところを見続けて視線をあまり動かさずにいると、ピント調節の筋肉が運動不足になり視力が低下するというのです。

人間の筋肉は同じ状態を長時間維持していると血行不良をおこし、コリを生じます。

目の中のピント調節をつかさどる筋肉も血行不良を起こしてコリ固まってしまうので視力が低下し始めるというわけです。

「目を酷使するというよりは、目の筋肉の運動不足で目が悪くなる」と言うのが正しい常識だと覚えて置いてください。

よって長時間PC作業しても、頻繁に視線を変えて、ピント調節の筋肉を動かしていれば、視力低下を予防できるということです。

近視を進めない為の正しい常識はこちらから
⇒子供でもできる視力回復方法

c 2004, アイ・トレーニング視快研小牧 All Rights Reserved.