無料.ホームページ

視力回復

視力回復 子供の近視による視力低下を防ぎ視力アップさせるための情報サイト 小牧・春日井・犬山・岩倉・北名古屋
視力回復の方法
視力回復ホーム視力回復の条件おすすめ商品Q&A体験者の声

HP運営者



無料レポート
無料レポートのダウンロードはこちらから↓↓
『愛するわが子を近視から守る5つの方法』


無料メールマガジン
『視力回復のプロが教える視力アップ成功術』
無料購読
登録フォーム


お子さんの目はなぜ悪くなってしまったのか?

視力低下の原因
(ゲームについて)


目に関する常識のウソ その1

目に関する常識のウソ その2

目に関する常識のウソ その3

目に関する常識のウソ その4

目に関する常識のウソ その5

眼が悪くなってしまったら
(眼鏡編)


眼が悪くなってしまったら
(コンタクトレンズ編)






プロフィール
特定商取引法の表記
プライバシーポリシー

リンクについて


眼が悪くなってしまったら(コンタクトレンズ編)



日本ではコンタクトレンズ使用者が1000万人超えるほどになってしまいました。

実に赤ちゃんや老人を含めても10人に一人はコンタクトレンズを使用していると言うことです。


 ここまで普及した背景は、眼鏡より装着に違和感がなく、スポーツをする若者や外観を気にする若い女性に受け入れられたと言うこと以外にも、「眼鏡よりコンタクトの方が眼にいい」という間違った認識が蔓延していることも原因があるのではと思っています。

コンタクト使用者はこれが本当のことだと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 特に外観を意識する女子中高生に多いようです。

 眼鏡は直接眼鏡屋さんに行っても、作ってもらえますが、コンタクトレンズは高度管理医療機器であるため,医師の処方箋なしには作れません。

 すなわち、目に与える影響が大きい(悪く言えば、眼鏡より目によくない)ため、自分勝手に作ってはいけないようになっているのです。

 また眼鏡はかけていても、レンズ以外のところを通して見ることができるため、自分の目でピントを合わせる瞬間もありますが、コンタクトの場合、目に入ってくる視野はすべてコンタクトを通して見ることになるので、それだけ自分の目のピント調節をする筋肉は全く使わないことになります。

 目のピント調節を行う筋肉にギブスをはめてしまっているようなものです。

 人間の体は使えば使うほど、鍛えれば鍛えるほど丈夫になり、能力も向上しますが、使わなければ自然と衰えてきてしまいます。

 ですからコンタクトを朝起きて寝るまで装着し続けるということは、一日中目のピント調節の筋肉をお休みさせてしまうということになるので、近視の進み方は、眼鏡に比べて何倍も早いのです。

 また、最近は酸素透過性のすぐれたコンタクトレンズも開発されていきましたが、それでも裸眼でいるよりは当然酸素不足になりやすく、目の細胞を死滅させてしまう事が多々あります。

 一度死滅してしまった目の細胞は二度と再生されることはないため、コンタクトレンズを装着したまま寝てしまったり、何日も洗浄しないで使い続けたりしていると、本当に取り返しの効かないことになってしまいます。

 特に使い捨てレンズをもったいないからといって何日も使い続けたり、定期検査を怠ったり、
友達同士でカラーコンタクトを貸し借りしたりしていると、あとあと後悔する事となります。

 コンタクトレンズは高度管理医療機器だという認識を持ち、どうか取り扱いには医師の指示に従い十分ご注意ください。
 


視力回復TOP視力回復の条件おすすめ商品Q&A体験者の声

c 2004, アイ・トレーニング視快研小牧 All Rights Reserved.

運良くこのサイトをご覧になったあなたへ

■ 知らなかったら一生後悔!あなたが近視になったホントの理由■

コンタクトを使い続けるとますます近視が進んでしまいます!

あなたを近視の魔の手から守る、ある秘策をお教えいたします。

このことを知らなければ更なる視力低下がさけられないばかりでなく、
近視は取り返しが効かない程、どんどん悪くなってしまうでしょう。

これ以上視力低下したくなかったら、

必ず知っておかなければならない視力に関する常識です。

是非こちらから無料ダウンロードを

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

>> コチラで無料配布中です <<


※本数に限りがあるのでご注意ください。

こんな貴重な情報を、この期間中だけ無料でプレゼントいたします。

※なお、この無料レポートを取得された方には、さらに日々の業務をしながら気づいた 視力回復に関するお役立ち情報を無料で提供するメルマガ「プロが教える視力アップ成功術」を配信させて頂きます。
(不必要な場合はすぐに解除できます)
 
 
閉じる