視力回復・子供の近視なら視力アップのアイトレーニング

視力回復サイト-子供の近視でお悩みの方の為のお役立ち情報サイト。正しいトレーニングで視力回復をお試しください。視力回復トレーニングで手遅れになる前に行動を。
子供の近視や遠視による視力低下を防ぎ自宅で視力回復を成功させるためのトレーニング情報
視力回復HOME視力回復の条件視力回復アイトレーナー視力回復Q&A視力回復

視力回復のプロが教える視力アップ成功術 第13号    2006.6.30


こんにちは

アイ・トレーニング視快研小牧の田中です。

ご購読ありがとうございます。

視力低下でお悩みのあなたのお役に立ちたいと思っています。



視力低下の原因はまず同じところを30分以上見続けることによって、

ピントフリーズしてしまうことから始まります。


そこで当店の会員さんには30:30ルールといって、

テレビや読書など同じところを30分間見ていたら、

必ず30秒はっきり見える範囲内の遠くを見て眼を休める、

ということを守ってもらっています。

ところが、期末テストなどを受けるということは

当然集中して30分以上同じところを見ることになります。

つまり視力低下してしまう原因になっているということです。

テストを受けると目が悪くなってしまうからといって、

受けないわけにはいきません。


そこで今日は特別に秘策があるのでご紹介したいと思います。


まず試験を受ける時の姿勢ですが、

机から30cm以上はなして

姿勢良く答案用紙を見ることが基本です。


次にひじを突いてテストを受けないということが、

第二のポイントになります。

(片方の目だけ視力低下してします原因だからです。)

そして、本当の秘策というのは勉強や試験を受ける時

していただくことです。


この方法はこちらです。
⇒子供でもできる視力回復方法

こうすることによって、長時間近くを見続けてピントフリーズしたとしても、

遠くを見ている眼の状態でピントフリーズします。


つまり、テストを受けた後、遠くを見たときに

遠くがぼやけて見えるということが防止できるのです。


実はわたしもPCを一日3時間以上やっていますが、

このトレーニングで視力低下の予防をしています。


会員さんに視力低下を訴えておきながら

自分が視力低下して眼鏡をかけているようでは、

お客さんも来なくなってしまいますからね。


実は私もこんな風にして、しっかり視力低下予防をしていたというわけです。


私の奥さんは両目とも1.2と眼はいいのですが、

PCをやるときはやはり視力低下予防にこれをしています。


彼女もやはり眼が楽になったといっています。

目が悪い人だけでなく、いい人にも効果的だということです。


テストを受ける機会の多い学生さんや読書の好きな方は是非お試しください。


ただし、注意すべき点があります。


それはこちらをご覧ください。
⇒子供でもできる視力回復方法


最後までありがとうございました。。







視力回復のための基礎