視力回復・子供の近視なら視力アップのアイトレーニング

視力回復サイト-子供の近視でお悩みの方の為のお役立ち情報サイト。正しいトレーニングで視力回復をお試しください。視力回復トレーニングで手遅れになる前に行動を。
子供の近視や遠視による視力低下を防ぎ自宅で視力回復を成功させるためのトレーニング情報
視力回復HOME視力回復の条件視力回復アイトレーナー視力回復Q&A視力回復

視力回復のプロが教える視力アップ成功術 第4号    2005.2.1


こんにちは

昨日は寒かったですね。
でもまた週末は暖かくなるそうなので、どうか風邪にはくれぐれもご注意ください。

実はついにうちの息子もインフルエンザにかかってしまいました。
予防接種を2度うっていたのですが、効かなかったようです。

近くの小児科に連れて行ったのですが、そこの掲示板に興味深い張り紙がしてあったのでご紹介いたします。

タイトルは「メディア漬け子育てはやめましょう。」という張り紙でした。

テレビを見ながら授乳したり、子供たちだけでテレビを見させっぱなしにするような子育てはやめましょうということです。

テレビの視聴時間が長い子は、そうでない子に比べて言語の習得に遅れをきたしているということが、医学的に検証されているそうです。

特に2歳児までは絶対にテレビやビデオを見せないようにと書いてありました。

脳の発育だけでなく、目の発育にも支障をきたすことがあるので、是非皆さんにお伝したいと思って張り紙を読んでいました。

子供の目も脳と同様に、3歳から6歳にかけて完成すると言われています。

そのときテレビやゲームなど近くばかりを見ていると、完成した眼が近くにしかピントが合わない目になってしまいます。

そしてその時点で近視人生が決定されてしまうんです。

先日入会した6歳の男の子のお母さんは、赤ちゃんの頃からビデオをつけっ放しにして育てていたそうです。

やはりこの子はもうすでに近視になってしまっていました。

お母さんは「誰もそんなこと教えてくれなかったんです。」と嘆いていらっしゃいました。

知らなかったといっても、すでに子供の目はもう近視になってしまっているんです。

そこでこういったケースが少しでも少なくなればという願いを込めて、無料レポートにまとめてみましたので、ご紹介いたします。

題して「愛するわが子を近視から守る5つの方法」です。

すでにダウンロードされた方もいらっしゃるかと思いますが、まだの方は、こちらから是非ダウンロードしてみてください。

http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=250&seq=0

すでにお子さんが近視になってしまった場合でも、それ以上近視を進めないためにも有効だと思います。


ところで前回予告した、CADをされているOLのIさんのお話をしたいと思います。

去年の5月に入会され、もともと1.5だったのにこの頃見にくくなったからと、入会された20代の女性です。

当時1.0程度まで落ちていましたが、数回で元に戻ったので半年以上来店されていませんでした。

この方が、10ヶ月ぶりにいらっしゃったので、また、見にくくなって来られたのかと思って、視力を測ってみたら、10ヶ月前とほとんど同じでした。

どうかされたのかとお尋ねしたら、先日ショッピングセンターの中の眼鏡屋さんで、
ちょっと視力が気になって測ってもらった時のことだそうです。

右は1.0だけど左は0.6しかないと言われて、ショックを受けて飛んできたと言うんです。

でも当店では以前と違いはなかったので安心して帰られました。

これいったいどうなっているのか?不思議に思われるかと思います。

実は視力の値と言うものは、検眼器の置いてある場所や、検眼器の種類、測る人によって数値に誤差が生じるんです。

自分が視力1.0だと思っている人はどこで測っても当然1.0だとお思いでしょうが、実は違います。

眼科、眼鏡屋さん、そして学校で測った値、すべて検眼器の種類や検眼器が置いてある場所の明るさなど条件がすべて違うので、差が生じてしまいます。

そのことを知らずにいたら、きっとショックを受けたまま自分は眼が悪いんだと思い込み、すぐに眼鏡やコンタクトを作ってしまうことでしょう。

それを予防するためにいくつかの場所で視力を測ってもらい確認することをおすすめいたします。

また違った場所で測った結果で、今日は眼が良かった、今日は眼が悪かったと一喜一憂しても仕方ありません。

だから同じ場所で同じ条件で測った結果を比較して、目の状態を管理すべきかと思います。

あと一ヵ月半で新学期です。

その時初めてお子さんの視力が低下していることに気づいてショックを受けたりしないよう、おうちでもまめに視力チェックしてみてください。

車に乗っているときどこまで看板の字が読めているかを聞いてみるだけでも、簡単にお子さんの眼が見えているかどうか確認できますから・・・。

それではまた次回も眼と視力に関するお役立ち情報をお届けいたします。

ご購読ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運良くこのサイトをご覧になったあなたへ


■ 知らなかったら一生後悔!!あなたが近視になったホントの理由 ■


あなたが近視になった本当の理由をお教えいたします。


このことを知らなかったがゆえにあなたが近視になってしまったといっても
過言ではないでしょう。知らなかったらホント一生の後悔ものです。


>> コチラで配布中です <<


さらに


■ 愛するわが子を近視から守る5つの方法 ■


あなたのお子さんを近視の魔の手から守ってあげる秘策をお教えいたします。


このことを知らなければ視力低下をさけられないばかりでなく、
せっかくよくなってもまた悪くなってしまいます。
お子さんを近視にしてくなかったら、
必ず知っておかなければならない視力回復の基本中の基本です。


こんな貴重な情報を、この期間中だけ無料でプレゼントいたします。


>> コチラで配布中です <<


※なお、この無料レポートを取得された方には、さらに特典として日々の業務を
しながら気づいた視力回復に関するお勧め情報を無料で提供する
メルマガ「プロが教える視力アップ成功術」を 配信させて頂きます。
(不必要な場合はすぐに解除出来ます)