忍者 Blog

視力回復 子供の近視による視力低下を防ぎ視力アップさせるための情報サイト 小牧・春日井・犬山・岩倉・北名古屋

ホーム視力回復の条件おすすめ商品Q&A体験者の声

HP運営者



無料レポート
無料レポートのダウンロードはこちらから↓↓
『愛するわが子を近視から守る5つの方法』


無料メールマガジン
『視力回復のプロが教える視力アップ成功術』
無料購読
登録フォーム


お子さんの目はなぜ悪くなってしまったのか?

視力低下の原因
(ゲームについて)


目に関する常識のウソ その1

目に関する常識のウソ その2

目に関する常識のウソ その3

目に関する常識のウソ その4

目に関する常識のウソ その5

眼が悪くなってしまったら
(眼鏡編)


眼が悪くなってしまったら
(コンタクトレンズ編)







プロフィール
特定商取引法の表記
プライバシーポリシー

お子さんはなぜ眼が悪くなってしまったのか



小中学校では年に一,二回健康診断のとき視力検査を行います。

1.0以下だった場合、学校での学習に支障が出るということで父兄に検眼通知書なるものを渡して、眼科に行って適切な処置をするよう促します。

この通知をもらって初めて自分の子の眼が悪くなっていること気づく方がほとんどだと思います。

しかし、この学校検眼に任せっきりにしていることが、お子さんを近視にしてしまっている原因のひとつになっているのです。

もう少し詳しくお話いたしましょう。

 どの学校でも検査の結果は、次のように表示されて通知されます。

 1.0以上はA 0.7〜0.9はB 0.3〜0.6はC 0.2以下はD

このように視力をA,B,Cのランクで表示しているため、自分の子の視力が一体いくつなのか、昔と違ってあいまいで非常にわかりにくいんです。

 このあいまいな表示方法のために、ほとんどの子供たちが、視力低下しているのに気づかず、近視になるまで放置させる原因になっているということです。

つまり1.0でも2.0でもすべてAという表示になっているのが問題なのです。

2.0の子が1.0に落ちていれば、当然視力は半減しいているので、視力低下し始めているのに
それを明確に表示できていません。

 これを放置すれば1.0をきるときがいつかやってきて、一時的な調節緊張の状態(仮性近視)になっていきます。

 まだこのとき(通知書ではBの判定時)なら遠近ストレッチや適切な眼球運動等による
トレーニングを行えば、元に戻ることは可能です。

 しかしまだ見えているからいいとか、うちは家族中みんな眼がいいから、大丈夫だろうなんて
悠長に考えておられる方も多いのではないでしょうか?

 それが完全な近視にしてしまう第二の原因です。

今の子供たちは私たちのころとは全く違う生活環境の中で生活しています。

 各種ゲーム、ビデオ、ケータイメール、コンピューター、マンガ、勉強すべて子供を近視にしてしまう原因のワースト品目です。

これらをひとつもしていない子供がいるでしょうか?

いるはずもないとすれば、全員が近視になる可能性は十分あると言っても過言ではありません。

今やうちの子は大丈夫なんて考えないほうが無難です。月に一度は視力チェックをして常に気をつけていなければ、 視力低下に気づかず、近視になってしまうのを避けられないことでしょう。

支障が出るまで、視力低下を放置し、黒板の字が見にくくなったら眼鏡をかけるという今までのようなやり方では、 近視の増大に歯止めがかかりません。

またそれだけでなく、眼鏡をかけ始める時期が早ければ早いほど、近視の度合いはどんどん進んで行ってしまうので、中高生になる頃にはすでに重度近視になってしまう可能性が高くなります。

何としても重度近視まで近視を進めない様にしてあげたいものです。

お子さんの目を守ってあげられるのは親御さんしかいません。

いい眼は一生の宝です。

お子さんの一生の宝をどうか守ってあげてください。


HOME視力回復の条件おすすめ商品Q&A体験者の声

c 2004, アイ・トレーニング視快研小牧 All Rights Reserved.